カッティングシートの上手な貼り方

お問合せフォーム
お見積もり・ご注文フォーム

カッティングステッカーの貼り方

カッティングシートはコツさえつかめば誰でも簡単に貼ることができるかと思います。貼る前の下準備をしてからステッカーを貼る対象物へテープなどで固定して、霧吹きなどで霧を吹いてから貼る水貼りと、そのまま貼るカラ貼り(直貼り)のどちらかで貼ってください。貼った後はしばらく置いておくと糊がしっかりと定着するので動かしたりせずしばらくそのままにしておきます。

用意するもの(下準備)

カッティングステッカーの貼り方

雑巾(ウエス等)、マスキングテープ(セロテープ、養生テープ)、スキージ(ヘラのようなもの)ですが、適当な厚さを持ったアクリルの板や幅のある定規などでも代用可能かと思います。

ステッカーを貼るときは外気温が15度〜25度位の日を選んで行った方がよろしいかと思います。気温が10度を下回るような時、乾燥しているときなどはドライヤーで暖めながら作業された方がよろしいかと思います。よくステッカーがうまく貼れなかったというお客様もいらっしゃいますが技術的、素材の欠陥ではなく、このようなステッカーを貼るに適さない気温の日に行っている場合が結構多いので、上記のことを考慮して作業してみてください。

カッティングステッカーを水貼りの方法で貼る

@霧吹きの中に水を入れて、その中に家庭用中性洗剤(合成界面活性剤の入ったもの)を数滴たらします。こうすることで、ステッカーが滑り位置を決めやすくなり、気泡も抜けやすくなります。

Aステッカーを貼る位置を決めて、セロテープ、マスキングテープなどでステッカーの1辺の端を固定します。

B固定したステッカーを上に持ち上げて、ステッカーを貼る部分に先ほどの洗剤の入った水を霧吹きで吹き付けていきます。

C台紙をゆっくり剥がしながらスキージでアプリケーションフィルムに付いたステッカーを上から押さえつけていきます。このとき、水や空気を抜きながらゆっくり作業していきます。

Dアプリケーションフィルムはすぐに剥がさず数時間〜1、2日程度置いて水分を乾かします。

E水分が飛んで完全に乾いてからゆっくりとアプリケーションフィルムを剥がしていきます。このときアプリケーションフィルムにステッカーが残ってないかチェックします。

Fステッカーを見て気泡がないかチェックします。気泡が残っていれば針などで穴を開けてスキージでおさえて気泡を抜きます。何も気になることがなければ完成です。

カッティングステッカーをカラ貼り(直貼り)の方法で貼る

@ステッカーを貼る場所は洗剤などでよく拭いて、ゴミや油分をしっかりと取除いてください。ステッカーが剥がれてしまう原因のほとんどは油分やゴミを完全に落としきれてないことによるものですので、この作業はしっかり行ってください。

Aステッカーの位置を決めて一辺をセロテープやマスキングテープなどで固定します。

B台紙を剥がしながらアプリケーションフィルムの上からスキージでおさえてステッカーがきちんと貼れているかどうかチェックします。そしてまたアプリケーションフィルムをはがしながらスキージを上からおさえていきます。

Cステッカーを見て気泡ができてしまったかどうかチェックして、気泡があれば針などで穴をあけてスキージでおさえて空気を抜きます。

D最後にステッカー全体を見て気になるところがなければ完成です。

  • 高耐候のシルク印刷ステッカー
  • シルク印刷って何?
  • シルク印刷ステッカーの仕様
  • シルク印刷ステッカーの料金
  • フルカラーのステッカー
  • フルカラー印刷の色々な方式
  • 溶剤系インクタイプについて
  • トナーインクタイプについて
  • カッティングステッカー
  • カッティングステッカーって何?
  • 白黒限定の格安シート
  • 一般色のシート
  • メタリックシート
  • 蛍光シート
  • 反射シート
  • カッティングステッカーの貼り方
  • シール印刷
  • シール印刷って何?
  • シール印刷の料金について
  • シール印刷の格安パック
  • オンデマンドシール印刷
  • オンデマンドシール印刷の詳細
  • バイナルグラフィックス
  • バイナルグラフィックスって何?
  • ファイヤーパターンの一覧
  • バイナルグラフィックスの一覧
  • よくあるご質問
  • お支払・送料について
  • データ作成方法
  • お問合せフォーム
  • お見積もり・ご注文フォーム
  • 特定商取引法に基づく表示
  • ステッカー・シールの選び方
  • 使用用途で選ぶ
  • 印刷素材で選ぶ
  • 印刷方式で選ぶ
  • 印刷料金で選ぶ
  • 〇〇したいで選ぶ
  • 他社との違いはここです